« 「ノーカントリー」 | Main | 「タロットカード殺人事件」 »

March 20, 2008

「中野ブロンディーズ」

全労済ホール/スペース・ゼロ。

杉本有美関連でお呼ばれ。と思ったら、ネルケのプロデュースだったりして。あらら。

中野ブロードウェイに集まるオタク少女たちが、なぜかチアリーディングの大会に出る、というミュージカルコメディ…だってさ。
まぁ多少の上手い下手はあっても、そこそこ可愛い顔の女の子たちが溌剌と跳ね回ってくれればOKくらいのつもりだったが、あまりに惨い台本、センスのない演出に終始辟易してしまいました。

オタクとチアを同時に成立させるには、奇跡のような“理由”がないとダメだろ。結局力が入ってるのはラストのチア本番だけってことは、最初から「チアーズ!」やりゃいいじゃんってことだ。
「みんなで力を合わせてがんばろう」はけっこうだが、それは台詞にしないのがセンスじゃないのかなぁ。

ところどころ面白いところはあるんだが、アニメやマンガの台詞に頼るなら、もっと徹底的にしなきゃ。少なくともオタクはもっとディープです。まぁ徹底しすぎると問題も出てくるんだけどね。

観た後でいろいろ裏話は聞いたけど…それはお金を払って見に来たお客さんには関係ない。

さて、杉本有美。今年のブレイクは間違いなし。たぶん春先には驚愕情報。
この公演見た人はラッキーかもだ。

« 「ノーカントリー」 | Main | 「タロットカード殺人事件」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 「中野ブロンディーズ」:

« 「ノーカントリー」 | Main | 「タロットカード殺人事件」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ