« メロメロです。「夏への扉」[新訳版] | Main | 「ワイルド・スピード MAX」 »

October 11, 2009

毛皮族の軽演劇「ふれる」

久しぶりの駅前劇場で、大好きな毛皮族の芝居。

「ふれる」
孤独すぎてエキセントリックになっている姉と、その姉に金の無心をしにやってくる妹、そして近所のお節介おばさんの三人が織り成す、不条理サスペンス(?)。
この人の書くものは、ストーリーから小ネタ、アドリブまで全部俺の好みだ。もう一人の俺が芝居を作ったら、こういうものになる…という夢のようなシミュレーションだ。
江本純子、町田マリー、柿丸美智恵それぞれのハイテンションが可笑しい。
前から2列目の左端に座らされていたので、柿丸の二重飛びがかぶりつきでした。

アフタープレイ軽演劇「おっぱいファミリー1,2,3」
映画のゴッドファーザーに「おっぱい」をからませたアホバカコント。映画の1シーンがなぜか「おっぱい」の話になる。銃撃戦はもちろん「おっぱい」だ。徹底的にくだらないんだが、ここでも江本と俺の共鳴があった。まずい。今度は俺の「おっぱい」を使ってもらえんか。
町田がトチリまくってやり直すのが可笑しいかった…とここまで書いて気づいたのだが、町田マリーって超タイプ。結婚したいくらい好きなのでした。何言ってんだ、俺。

« メロメロです。「夏への扉」[新訳版] | Main | 「ワイルド・スピード MAX」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« メロメロです。「夏への扉」[新訳版] | Main | 「ワイルド・スピード MAX」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ