« 「逃走迷路」 | Main | 【勝手にアンナファリス映画祭】開催中 »

February 11, 2010

タンバリンプロデューサーズ第5回公演「ひみつのアッコちゃん」

2月11日 ザムザ阿佐ヶ谷
じんのひろあき作 森さゆ里演出

国民的アニメ&マンガの「アッコちゃん」が実写映画化されることになり、製作委員会メンバーは主演子役の候補を5人まで絞った。最終選考は子役の「親」を面談するという風変わりなオーディション。第二のマコーレー・カルキンを出さないため…という狙いだったが……という一幕モノだ。
どちらかというと狙わずに笑いをとる手馴れた感じがあり、これまでの同社プロデュース公演とは少しテイストが異なっている。
…というか文学座…なのか。

製作費3億、宣伝費2億5千万規模の東映映画に主演したところで、国民的ヒロインにはなれないような気もするが。委員会にはavexもいるし、両社とも実名ってのが妙に可笑しい。
前半は5人の親のオーディションで個性的な面々が見せ場を作って面白かったのだが、後半は真面目さが表に出すぎて、しんどくなる。予想を裏切らない幕切れも少し残念か。でも全体にはよくまとまっていて、2時間弱あまり退屈するところはない。
あ、「アニー」だけは予想を裏切りましたが。

一応フジオプロのマルシー入ってますが、直接的にマンガのキャラは出てこないです。

~14日まで。

« 「逃走迷路」 | Main | 【勝手にアンナファリス映画祭】開催中 »

文化・芸術」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「逃走迷路」 | Main | 【勝手にアンナファリス映画祭】開催中 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ