« 「エアベンダー」 | Main | 「インセプション」って… »

July 27, 2010

米国出張いろいろ

先月のE3に引き続き、サンディエゴのコミコンに行ってきました。

もちろん仕事だったんですが、E3の“業界人ご挨拶周り”よりも、“ファンのための集いに企業が大サービス”なコミコンのほうが楽しいですね。

んで、まぁとりあえず機内映画だけでもメモ(笑)。

「ヒックとドラゴン」
ちっちゃい液晶画面で観るのはどうかと思ったんだけど、やめられなくなってしまった。
すみません、これ号泣しました。お話そのものよりも、ドラゴンと少年の「飛翔」シーンで。ジブリもこっちに帰ってくればいいのに。

「バウンティ・ハンター」
ジェラルド・バトラーとジェニファー・アニストンのコメディ。元警官で今賞金稼ぎの男が、裁判所の呼び出しに応じない新聞記者の女をとっ捕まえる。この二人が元夫婦だって設定。予想の範囲内のドタバタと、よくある“真犯人捜し”が普通につまらなかった。

「Date Night」
スティーブ・カレル、ティナ・フェイ主演のバカコメ。ニュージャージーからNYの食事しに来た倦怠期の夫婦が、犯罪組織に追われる。プロット自体は“そこそこ”だけど、主演二人のアホっぷりと、豪華なゲストのおかげでものすごく面白く観られた。マーク・ウォルバーグ(常に上半身裸)、レイ・リオッタ、ウィリアム・フィクトナー、ジェイムズ・フランコ、ミラ・クニス、マーク・ラファロなどなど。公開しない…だろうなぁ。
Datenight61409ah


「孤高のメス」
原作は未読。真面目でひねりのない医療ドラマ。でも、お手本のような脚本にちょっと感心。このくらい普通のシナリオに出会いたいです。まぁ善悪がはっきりしすぎていたり、展開がほぼ100%予想できたり、結局いまの邦画ってこういうキャストだよね、と妙に納得したり、文句ばっかり言ってますけど、嫌いな映画ではなかった。特に都はるみのエピソードとか、こういうのってちょっとハリウッドっぽいよ。

「パーマネント野ばら」
こちらも原作は未読。ちょっと古い感じのシナリオで、雰囲気がよかった。人がバンバン死ぬのにそんなにウェットではなく、男に振り回される女たちを描きながらもそれぞれにいがみ合わないのでさっぱりしている。菅野美穂、小池栄子、池脇千鶴(絶品!)の共演は見所。

あと、公開し始めた「SALT」や、来週以降の「THE OTHER GUY(ウィルフェレルとマークウォルバーグ」「Dinner for Schmucks(スティーブカレル!)」そして「Cats & Dogs: The Revenge of Kitty Galore」がバンバンCM打ってた。
また、TVではパイパーペラーボの「Covert Affairs」が観たい!さらにマギーQの「NIKITA」が9月!

« 「エアベンダー」 | Main | 「インセプション」って… »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「エアベンダー」 | Main | 「インセプション」って… »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ