« 「ピンクパンサー2」 | Main | 「ヒックとドラゴン 3D 吹き替え版」 »

August 08, 2010

「ザ・パシフィック」#1-3

HBOの鳴り物入りミニシリーズ。総製作費200億とはぶちあげたが、画面の密度の濃さはあながちウソではないくらいものすごい。

太平洋戦争時、第1海兵師団の海兵隊員達が日本軍とガチで戦う様を描く。
好戦的なつもりはなのだろうが、描写がどうしても「プライベート・ライアン」以降の戦闘シークエンスの影響にあるので、テレビ的にはトゥーマッチであるし、そもそもスターシップ・トゥルーパーズのバグか、エイリアンのように蜂の巣にされる日本兵を、日本人としてどんな気持ちで観ろと言うのか。作品として冷静に受け止めるには、あまりにドギツイ描き方のように思えるが。

第3話では、これまた別な意味で強烈なファックシーンとかあるし。

« 「ピンクパンサー2」 | Main | 「ヒックとドラゴン 3D 吹き替え版」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「ピンクパンサー2」 | Main | 「ヒックとドラゴン 3D 吹き替え版」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ