« 「ヒックとドラゴン 3D 吹き替え版」 | Main | 「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」 »

August 12, 2010

「私の優しくない先輩」

もう!近所で観るものないからわざわざこんなの選ぶ羽目になるw。

80年代の自主8ミリ映画とかを少しでも知っていると、たまらなくノスタルジックで、プラス腹の立つ映画。もともとアニメの人なんだから、アニメでやってくれれば大絶賛にでもなったんじゃなかろうか。
それにしてもとことん性格の悪い主人公が、成長して救われるでもない“暗い”話が、それこそ狙い通りの昔のトラウマ映画に着地しようとしているのが、たぶんダメな人には全然ダメ。
ローテクというかチープな絵作りも狙いなのだろうが、こういう話だからこそ、美しく撮ったほうがより効果的だったのでは、とも思ったり。

じゃあ結局俺はどうだったのかと言うと…こういう独りよがりの実験というか挑戦は嫌いになれなかったりするのである。

コップンカーは、ものすごく80年代のにおいをかもしだすのだが、実際にはその大げさな芝居が鼻につくという逆効果。はんにゃは完全にミスキャスト。テレビに多少足したような芝居では、この狂気の役がらはこなせないでしょう。だからこの二人の唐突な“ラブ展開”は、ちょっと画面がもたない。

あと、最後に気付いたのだが、知り合いがいっぱい関係していたのにビックリ。やべ、悪口書けないし。

↓こういうシーンばっかりあれば別な意味で感激だったのだが。っていうか、やるんならちゃんと見せてほしかった。
Gam1007131514002p2
Gnj1003160506010p1
ちなみに冒頭とエンディングの二か所だけだ。

« 「ヒックとドラゴン 3D 吹き替え版」 | Main | 「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「ヒックとドラゴン 3D 吹き替え版」 | Main | 「ダイアリー・オブ・ザ・デッド」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ