« 「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」 | Main | TGS2010 »

September 12, 2010

「バイオハザードIV アフターライフ」

ゲームをちゃんとやったのはドリキャス版まで。ゾンビやクリーチャー相手のアドベンチャーゲームという大枠は好きなのだが「アンブレラ社」とか「なんとかウィルス」みたいな設定と、それに伴う謎解きがつまらなくてだんだん飽きてしまった。
映画版も同様で、そういったもともとの薄っぺらい設定を無理に映画スケールに引き上げるから、どうにも人物の行動やセリフが陳腐になってしまう。

前回はラッセル・マルケイというロートルを引っ張り出して意外な展開も見せてはくれたが、またまたポールS・W・アンダーソンの復活した今回は、3D効果を狙って画面に向かって皆が物を投げつけるだけの映画であった。

特に細かくあげつらうのは面倒なので省略。
とにかく“雑でつまらない映画”、としか言わないです。

そろそろ3Dを追いかけるのって、やめてもいいんじゃない? 本作は暗いシーンも多く、目がショボショボに疲れること間違いなし。

メガネ料金も最悪の値上げをやることだしさ、当分は3Dパス宣言します、俺。

« 「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」 | Main | TGS2010 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「仮面ライダーW FOREVER AtoZ/運命のガイアメモリ」 | Main | TGS2010 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ