« 「トイ・ストーリー3」(2D吹き替え版を再見)で本編よりショックだったこと。 | Main | 「BECK」 »

September 07, 2010

「ニンジャ・アサシン」

レンタルで。

ショー・コスギが出てるだけで、あの頃の“ニンジャ”リスペクト映画できてる。だからOKでしょう。
ただ、21世紀はCGによる猛烈なゴア描写と、なぜかコリアの主人公ってのが、違和感を呼びます。

恐ろしいまでにシンプルかつ単純、単調なあらすじで、退屈になるとタイミング良くチャンバラになる、という頭がいいんだか悪いんだからわからない脚本。まぁ最後まで観てしまったんだから、俺の負けですけど。

異様なまでの肉体増強をしているRain君だが、顔がアクションヒーローっぽくないんだよね。二枚目でもなく、ユーモアも足りない…なんか必死な感じではあります。

冒頭から猛烈な残虐描写がありますので、ご飯が食べられなくなっても自己責任でね。

« 「トイ・ストーリー3」(2D吹き替え版を再見)で本編よりショックだったこと。 | Main | 「BECK」 »

DVD」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「トイ・ストーリー3」(2D吹き替え版を再見)で本編よりショックだったこと。 | Main | 「BECK」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ