« 「フリンジ」セカンドシーズン | Main | 「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」 »

September 26, 2010

「十三人の刺客」

出自とか全然興味なかったので、最初の東宝ロゴで「東映じゃないのかよ!」と突っ込み、続いてセディックロゴ(※)で「ジャンゴや座頭市の悪夢再びかっ!」って脱力しかけたんだけど、さすがは三池崇史。ふざけないでやればここまで上手くいくのか。

物語は一応オリジナルと一緒。ラストの決戦が異常に長いのが大きな違い。ものすごく金のかかったセット破壊は嬉しい。雑で乱暴な展開と、三池らしいトゥーマッチな演出が、最近のおとなしい邦画からは一線を画している。このくらいヤバいほうが面白いよね。

素晴らしいのはおっさん俳優たち。役所広司は相変わらずの主役力。市村正親は立ち居振る舞いと滑舌のよさで存在感を発揮。古田新太や松本幸四郎も出番少なめながらシーンを引き締める。中でも松方弘樹は、世界を股にかける釣り師ではなく、自身が大スターであった時の輝きを立ち回りで見せてくれる。そのかっこよさには涙が出ますな。それ以外の若手は、必死にくっついてくみたいな感じ(ケータイ捜査官の小僧とか)。集団時代劇はこうでないといけない。

そうはいっても、ちょっと戦闘シーンは長すぎか。

なんとなく往年の角川映画みたいだった。

※セディックは「おくりびと」で大当たりした制作会社。座頭市の権利を持っている、という話を直接聞いたことがあるが、結局作ったのが「ICHI」「THE LAST」だもんな。阪本順治作品も多く、俺との相性はすこぶる悪い。あ、「日本沈没」もね。
三池作品では「アンドロメディア」「中国の鳥人」そして「スキヤキ・ウェスタンジャンゴ」とよくからぶる。だから最初すごく心配だったんよ。

« 「フリンジ」セカンドシーズン | Main | 「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Hi, only just joined the forum and looking forward to learning, looks like a excellent place! Thanks! brtghbgf!! xx

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「フリンジ」セカンドシーズン | Main | 「劇場版 機動戦士ガンダム00 -A wakening of the Trailblazer-」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ