« やっぱおもろいわ。 | Main | 「エクリプス/ トワイライト・サーガ」 »

November 07, 2010

「桜田門外ノ変」

観ている間、ずっと感じていた違和感が、エンドロールでピンときて、WEB検索したら氷解した。
これって水戸藩開藩400年記念映画なのね。
映画化支援の会(出資者)が官民の偉い人たちで構成され、それが映画の製作委員会に入ってるわけよ。名誉顧問が徳川家第15代当主だったり、名誉会長が県知事だったり。商工会や観光協会や学校、青年団とかマスコミも加わって、映画事業に加わってた。官民合わせ県をあげての製作支援に加え、県民からも「協力」としてカンパさせてるし。オフィシャルな市民応援団は「桜田ファミリア」っていうらしい。ちょっと笑った。

で、そこまでして作った本編は、これまた東映らしい時代劇のスケールを目指しつつも、全体的に物足りなく真面目なだけの地味映画になってしまっていた。
最大の要因はスターの華のなさであるが、これはもうキャスティングを誠実にしてしまったがために、こうなるしかなかったのですかね。お笑い要素やお色気をほとんどないしね。主役から名もない大勢にいたるまで、地味のオンパレード。

暗殺シーンを前半に持ってくる構成が意外でちょっと興奮したけど、それから2時間くらい(体感はそのくらい)が「後始末」なので、だれまくります。
散り散りになった藩士たちが、それぞれに捕まったり自決したりするのを、旅先で知らされて愕然とする主人公のシーンが何度も繰り返される。

さらに驚くべきが、極刑に処される七名の人物を、お白州から順番に引っ立てる長回し。まさか全部やるの??ってくらい酷い演出でしたね。柄本さんくらいアップにしなくちゃ。あれじゃ誰が誰だかわからんて。

まぁこの不思議な映画を作ったのは誰なんだろな、と思ったら、最後に委員会の構成や協力クレジットが出て、なるほどと思ったわけです。
最初から言っといてください(笑)。

Sakura02
↑こりゃ地味だわな。

こんなネタも!

« やっぱおもろいわ。 | Main | 「エクリプス/ トワイライト・サーガ」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« やっぱおもろいわ。 | Main | 「エクリプス/ トワイライト・サーガ」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ