« 「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」 | Main | 「ナース・ジャッキー」 »

December 26, 2010

「ロビン・フッド」

なんでいまさらこのヒーローを。しかもまたリドリー・スコットとクロウで史劇って。グラディエーターが今度は弓矢なの?とかとか。
観たい気持ちがあがらないのは、ちょっと手あかのついた企画に思えるからで、その先入観が植え付けられてしまったことは、この映画の最大の不幸ポイントではある。

が、その辺は振り切っても観に行く価値がある。
ダイナミックにして美しく、映画的満足度が極めて高い娯楽大作であるから。
撮影、美術、音響、音楽、メイク、アクション、それに中高年キャストの濃い芝居と、プロの仕事が総合すると、ここまで映画は面白くなるのか、と心を揺さぶられるのである。
偏屈なリドリー爺さんのこだわりの逸品とでもいえば、食べたくなるだろうか。
73歳でこういうのを出してくる凄さよ。肉食人種には勝てないですな。

もちろん、突っ込みどころや食い足りないところも少なくない。でも、こういう映画こそ、大きな画面とドルビーデジタルで体感するべきってことだけは、大きな声で言いたい。
ヤマトなんざぁテレビで十分ですよ。俺が親なら子供にはこっちを見せる。

リドリー爺さんのことだから、「完全版」とか出てきちゃうんじゃないの? まぁ全然かまいませんが。

↓どれが本物だ?
Robin01Robin02Robin06Robin07Robin03Robin04Robin08Robin09
↑パトリック・バージン主演のやつなんて、テレフィーチャーのくせして劇場公開しやがるから、わざわざ見に行ったんだよね。

« 「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」 | Main | 「ナース・ジャッキー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」 | Main | 「ナース・ジャッキー」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ