« 「SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD」 | Main | 「キス&キル」 »

December 05, 2010

「SPACE BATTLESHIP ヤマト」

あ!またセディックかよ。本当に相性悪いんですよね。

今年の正月から延々予告を見せられてきた「ヤマト」がついに全容を現したわけだが…さて、どうしたものかと頭を抱えてしまう。
前述の「ゴースト」同様、邦画制作システムの問題点の多さは大前提。
さらに、驚きつつもドン引きしてしまったのは、本作が石原都知事に推薦状をいただけそうな超アナクロな犠牲愛の映画だったからだ。しかもそれがあまりストーリーと融合しないから、唐突な特攻を急にやられても、泣くどころかどんどん虚しくなっていくわけですよ。

それでも、30年以上前のTVアニメを引っ張り出すには、21世紀のリメイクにふさわしい解釈や加筆修正があるべきではなかったか。参考にしたと思しきJJの「スター・トレック」、「ギャラクティカ」は、何がウケたのか、何が優れていたのかを、ちゃんと勉強していないのではないか(世界観やビジュアルをなぞっただけ)。加えてこの監督や脚本家は、対して「ヤマト」なんか好きじゃなかったんじゃないのか…といろんなことを考えてしまった。

でもね、一つだけ擁護するとしたら、酷評はともかくも、コケてはほしくないわけよ。「もう二度と実写SFは企画通りません」ってことになっちゃうからね。
だから、「ヤマト」には特大のヒットを飛ばしてもらって、次のSFアニメ実写化、特撮リメイクなどにつないでいただきたいとは思います。それはガンダムとかじゃなくて、ぜひとも「猿の軍団」で。責任もってTBSがやれ。

Yamato
↑俳優に罪はないけど、これじゃ「ひょうきん族」だぜ。……あ、スマスマでいいのか。

Yamato2
↑たとえば、こういう問題点。ちょっとほほえましいが。「りんごとヨーグルトのまろやかなカレー」ってキムタク風に言ってみよう。

« 「SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD」 | Main | 「キス&キル」 »

Comments

I read this post completely about the resemblance of hottest and preceding technologies, it's awesome article.

Today, I went to the beach front with my kids. I found a sea shell and gave it to my 4 year old daughter and said "You can hear the ocean if you put this to your ear." She placed the shell to her ear and screamed. There was a hermit crab inside and it pinched her ear. She never wants to go back! LoL I know this is completely off topic but I had to tell someone!

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「SCOTT PILGRIM VS. THE WORLD」 | Main | 「キス&キル」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ