« 「リリイ・シュシュのすべて」 | Main | 「ロビン・フッド」 »

December 26, 2010

「ウルトラマンゼロ THE MOVIE 超決戦!ベリアル銀河帝国」

トロンとシュレックを負け組にしてしまうのか、仮面ライダーが興行収入でトップにたってしまう時代。
日本が誇るもう一つの特撮ヒーロー物も最新作が劇場公開映画である。
手前みそですが。

テレビシリーズがしばらくお休みの間、劇場映画やVシネでしのいできたのだが、いろんな大人の事情とかまぁおいといたとしても、昨年の「大怪獣バトル ウルトラ銀河伝説 THE MOVIE」は凄かった。オールドファンにデジタル怪獣プロレスと揶揄されても、「もうこのくらいやっちゃわないとダメだんだよ」な開き直りが、ダイナミックで燃える出来になってたと思うんだけどね。
そこに登場した新たなヒーロー、ウルトラマンゼロ。セブンの息子で声が刹那。前回は変身する人間体がなかったが、今回はどっかの宇宙人の青年(小柳トムの息子)を捕まえてきて、ウルトラアイとか使ってみたりしてました。

グリーンバックとアニメでほとんど構成されているので、スケール感もあまりないのだが、バトルに次ぐバトルでひたすら勢いだけで見せよう、という気概は感じられます。子供たちは、こういうバランスがちょうどいいのですね。
ミラーマン、ファイヤーマン、ジャンボーグAというリイマジネーションは、アイディア的には好きなんだけど、結果的には電王のイマジンのような扱いでした。

Zero01
↑ブラザートムの息子とチビ龍馬とよくわからんギャル。

Zero02
↑ちょっとだけしか出番ないけど、「80」は先生が声やってます。30周年。

« 「リリイ・シュシュのすべて」 | Main | 「ロビン・フッド」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「リリイ・シュシュのすべて」 | Main | 「ロビン・フッド」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ