« 「アンストッパブル」 | Main | フリンジ セカンドシーズン観終わる »

January 09, 2011

「フォロー・ミー」

若いころは機会があっても観る気がなく、観たいときには上映されることがなかった。パッケージの発売もなく、記憶の彼方へと追いやられていたのが、「午前十時の映画祭」企画での上映が決まり、楽しみにしていた。昨年末にソフト化もされてしまったのだが、せっかくのフィルム鑑賞だから、地元に回ってくるまで根気よく待っていた。

いやぁ待ってよかったね。
これは観てよかった傑作。

ネタバレます。

英国人会計士の男が、アメリカ人妻の浮気調査を探偵に依頼するまでが冒頭の数分。これであっという間に物語に引き込まれてしまう作劇にまずうなる。で、依頼したのとは別の人物が「探偵」として依頼主を訪問し、妻とのなれそめなどを話すのが最初の前半。続いて、探偵が妻を追いかけた様子を報告するのが中盤。そして今度は妻が「変な男が追いかけてきて気になる」とブレイクして、妻の“浮気相手”が探偵だったのでは、と急転直下のクライマックスとなる。
そしてゲスな話題がいつしか「結婚と人生」という大命題を考え直す、温かい決着へ。
もちろん、考えるのは、観客のほうであるんだがね。

起承転結のかっちりしたピーター・シェイファーの脚本(芝居が原作)、笑いを絶やさないキャロル・リードの余裕あふれる演出が素晴らしい。

こういう映画を観ないと、大人になってはいけませんな。

Followme
↑ミア・ファローが奇跡のようにかわいい。

Followmeposter
↑原題は“Follow me!”。USタイトルが“THE PUBLIC EYE”。今回のプリントはUS版でした。


« 「アンストッパブル」 | Main | フリンジ セカンドシーズン観終わる »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「アンストッパブル」 | Main | フリンジ セカンドシーズン観終わる »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ