« 「雑司ヶ谷R.I.P.」 | Main | 「ブルーバレンタイン」 »

April 30, 2011

「さんかく」

WOWOWのオンエアで。

濡場のないロマンポルノなイメージが楽しく、「日活製作」がちょっとしたウィットになってしまうのが面白かった。

こと前半の“妹”による怪しい日々が、主人公の妄想を掻きたてて、ムラムラとドラマを盛り上げていくのだが、後半は逆に物語を続けるためのエピソードづくりが、急速にリアリティを失っていってしまう。
しかも、主要な登場人物たちに共感できないのだから、なかなか観ている側の興味が持続しないのだね。
まぁ一番観客を納得させるキャラクターが、なんと終盤に出てくる“妹”の彼氏である。彼の言動はあまりにも正しいのだが、そこで主人公は改心せず、さらに自分勝手な行動をとってしまうお粗末。まぁそういう若者の話なので…ということなのだろうが、どうせ作り話なんだから、もう少しうまく終わらせてもよかろうて。

Sankaku01
↑濡場ありで70分なら素晴らしかったがw

Sankaku02
↑安い感じがちょうどええ。

« 「雑司ヶ谷R.I.P.」 | Main | 「ブルーバレンタイン」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「雑司ヶ谷R.I.P.」 | Main | 「ブルーバレンタイン」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ