« 「プリンセス トヨトミ」 | Main | 「SUPER 8/スーパーエイト」 »

June 25, 2011

「スカイライン-征服-」

いろいろ取り沙汰されてる「類似品問題」については、まぁ比較してみないとわかんないけど、別にいいじゃんとか思ったりしてます。

この映画に笑わせていただいたのは…「とにかくものすごくくだらないこと」を一生懸命やって、「中学生でも恥ずかしいようなお話」をいけしゃあしゃあと展開する厚顔なところだ。
ゲームであり、アニメであり、過去のいろんなSFモノを、現時点でできるVFXの投入でサラーっと作ってしまったようなエネルギーに魅かれた。
でもそれは、この映画が「よかった」というわけではないんだけどね。

最も褒めるべき点は、事が始まると、主人公たちがマンションから出られないってシチュエーションだ。だから侵略バイオレンスは、マンションの窓や屋上から“見える範囲”でしか行われない。いろんな角度から街を破壊したり、エキストラを大勢走らせたり、他の国や都市を別途見せなくてもいいんだから、これは工夫のアイディアだよね。
製作費は1000万ドルってことなので、せいぜい8億円か。まぁもう少し名のある俳優か、もう少し綺麗な(あるいはエロい)お姉ちゃんを使ってもよかったんじゃねぇか、ってくらい華のないキャスティングには不満ですが。
また、侵略者のビジュアルや、終盤の蛇足も、途中から飽きてしまうのは、あまりにお話がつまらないからです。たった94分なのにね。

「ロサンゼルス決戦」ももちろん観ます。観ますとも。

Skyline00
↑「第9地区」はよかったなぁ。

Skyline01
↑いちばん好きなシーン。

Skyline02
↑ゲームっぽい~

« 「プリンセス トヨトミ」 | Main | 「SUPER 8/スーパーエイト」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「プリンセス トヨトミ」 | Main | 「SUPER 8/スーパーエイト」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ