« 「五線譜のラブレター」 | Main | 「ハワイアン・バケーション」 »

August 09, 2011

「カーズ2」

2D吹替え版。

なんちゅうか、ピクサーの25周年という看板作品としては、「やはりマンガ映画だよね」ということでいいんですかね? 感動とか涙よりも、けたたましくも爽快なアクションアドベンチャーに傾倒した、ということで。

最大の問題は主人公が、ジャージャービンクスだったってこと。ドジでマヌケな愛されキャラだったはずが、終盤でいきなり名探偵よろしく、大トリック解説ですよ。この違和感は半端ではないです。

Cars2_7
↑赤い奴は主役じゃないんだぜ、びっくりだよ。

ストーリーはスパイアクション。その時点で、007のパロディみたいにしかならないし、そんな感じのキャラクターいっぱい出てくるし、カーレースはあくまでオマケ(レースの駆け引きはない)で、まぁなんちゅうか「マッハGOGOGO」の1エピソードみたいだよ。

物量とクオリティには圧倒されるが、はたして満足できたかというと、正直怪しいです。

他社のクオリティも相当なものですからね…いつまでも王ではいられないのかも。

« 「五線譜のラブレター」 | Main | 「ハワイアン・バケーション」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「五線譜のラブレター」 | Main | 「ハワイアン・バケーション」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ