« 「ヤング≒アダルト」 | Main | 「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 3D」 »

March 26, 2012

「戦火の馬」

短期間で作ったスピード企画ってこともあるのか、久しぶりにときめかないスピルバーグ映画であった。「アミスタッド」くらいどうでもいいか…。

馬をめぐる戦争ファンタジーというより、第1次大戦のこだわり再現が目的だったんじゃないか、というようなものか。スケールの割には「ライアン」のような欠損した人体が飛び交うわけでもないし、偶然が生み出す「奇跡」をドラマというには、あまりにもお粗末な感じもするよ。

ただ、鉄条網の切断シーンはよかったね。こういうシチュエーションをユーモラスに描けるのは素晴らしい。
孫娘溺愛の爺さんは、お金を損しただけだと思いますが。

あと、どうしても「突撃」が観たくなるよね。

Senka
↑この“主人公”は知り合いによく似てるのよ。

« 「ヤング≒アダルト」 | Main | 「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 3D」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「ヤング≒アダルト」 | Main | 「スター・ウォーズ エピソード1 ファントム・メナス 3D」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ