« 「ミート・ザ・ペアレンツ3」 | Main | 「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1」 »

March 11, 2012

「ラスト・ソルジャー」

ジャッキー・チェンの凄さは、いまさら何かコメントできるものではなく、「凄い人」なのが当たり前なのである。
たたき上げであり、アクション俳優であり、名監督であり、野心家であり、実業家でもある。きっと天才ビジネスマンなんだろうが、一般人からは「ナイスガイ」というパブリックイメージが揺るがない。
だから、もはや彼のことを「好き」「嫌い」といった単純な尺度でしか評することができない。

で、そんなジャッキーが主演した本作は、いつものコミカルアクションは影をひそめ、黒澤明のごとき目線の風刺時代劇である。寓話と言ってもいいかもしれない。
このような題材をやりたくなった、ということは、ジャッキーもそろそろ年齢を感じてきたのか、「残したい物」を意識し始めているような気がする。

悪くはない。が、少し重い。ジャッキーがスターとして進んでいくことで、提供される映画のテイストが少しずつこうなっていくのかと思うと、まぁ止められるものではないですが、寂寥感はあるのですね。

あとは継承者か。そういう人が出てこないから、香港映画は厳しいんだよね。
息子じゃダメだろうなぁ。

Lastsoldier
↑石丸さんの吹き替えがもう限界かも知れない、とも思いました、これ。

« 「ミート・ザ・ペアレンツ3」 | Main | 「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「ミート・ザ・ペアレンツ3」 | Main | 「トワイライト・サーガ ブレイキング・ドーン Part1」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ