« 「バットマンビギンズ」「ダークナイト」 | Main | 「行きずりの街」 »

August 05, 2012

「ヘルタースケルター」

一昔前の邦画は、「女優が脱ぐ」のが一つのウリだった。それを目当てに“文芸大作”に通った物である。シネコンの台頭と必要以上に過敏なレイティングで、こういった裸のネタが表に出てこなくなって久しいが、「主演女優の乳首と濡れ場」にここまでフォーカスした作品も珍しいだろう。
そういう意味で、東スポ的話題賞は確実で、彼女がちゃんと脱いだ時点で成功は約束されたようなもの、と思っている。

開巻早々に最大の濡れ場は披露してしまうので、残りはひたすら下衆な展開。性格の悪い主人公と、それに振り回される周囲のイケてない描写が、延々と続く訳で。じゃあそれが面白いのか、というと残念ながらそれほどでもない…。それがお気の毒ではあるのだけれど、まあ裸がよかったからいいんじゃね?

Images
↑「間宮兄弟」の頃を思うと…複雑だわね。

Images1
↑この人もナイスに下衆です。

« 「バットマンビギンズ」「ダークナイト」 | Main | 「行きずりの街」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

This post is invaluable. Where can I find out more?

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「バットマンビギンズ」「ダークナイト」 | Main | 「行きずりの街」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ