« 「最強のふたり」 | Main | 「遊星からの物体X ファーストコンタクト」 »

September 12, 2012

「夢売るふたり」

松たか子の微妙な表情で、状況を読み取らなくてはならない、かなり難度の高い映画。
開巻からしばらくは人情ものなのだが、次第に狂気が渦巻いていく。その過程は前半が喜劇、後半はサイコスリラーである。
まあ、メジャー会社では少し引いてしまうような描写も、「あの女性監督」ならオッケーらしく、かなりきわどい描写で“いやーな”感触を残していく。
そこから暗転して、次のシーン。
このリズムがかなり独特。

それまでがどことなくリアルであったのに、クライマックスの“悲劇”だけがどうしても作り物くさくなってしまうのは、なんとなくこの人の特徴なような気がする。
本当は物語を終わらせたくないのではないか、なんて思ったり。

阿部サダヲと鈴木砂羽のからみは「愛の新世界」以来なのである。これは映画ファンの密かなお楽しみ。

« 「最強のふたり」 | Main | 「遊星からの物体X ファーストコンタクト」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「最強のふたり」 | Main | 「遊星からの物体X ファーストコンタクト」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ