« 「オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式」 | Main | 「フリンジ シーズン3」 »

September 16, 2012

「ひみつのアッコちゃん」

いま、なんでこんな企画? という違和感はとりあえずおいといて(いちばん重要なんだけどw)、自分本位な少女の子供なりの成長をコミカルに描いた、「優良で健全」なジュブナイルと言えよう。

「人の話は最後まで聞く」
「ズルや楽チンな事はしない」
「簡単にあきらめず、最後までがんばる」
といった教訓を、実にストレートではあるが、「子供の口から言わせる」という作業がうまくまとまっていた、と思う。

綾瀬はるかが小学生を演じる、というハードルが最大のポイントで、これができるかできないかでデキが大きく左右されるのだが、「月曜ドラマランド」的発想のわりには、しっかり「幼さ」は表現できており、それはこの女優の「天然」イメージがうまく浸透できていたからに他ならない。だとするとホリプロの戦略勝ちなのでは、と勘ぐったり。

微笑ましくも陳腐なクライマックス事件に脱力しつつ、ラストの「時をかける少女」かとみまがう、「キメ」が俺はキュンときたのですが…こういうのもたまにないと、ね。

大杉漣の「女子小学生」芝居は最大の見どころ。

« 「オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式」 | Main | 「フリンジ シーズン3」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「オフロでGO!!!!! タイムマシンはジェット式」 | Main | 「フリンジ シーズン3」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ