« 「もうひとりのシェイクスピア」 | Main | 「くまのプーさん」 »

December 31, 2012

2012ベスト「もうそろそろ昔の映画を見返すだけのほうが、幸せなんじゃないか、と思ってる最近なのです」

2012年。仕事がかなり忙しく、劇場に行けない週末もけっこうあった。
機内映画や海外で観たものも増えているのは、願ったり困ったり。
あと、お約束な大作企画にはあまりときめかなくなりましたね。
アメコミ物も大好きなんだけど、なんというか…だいたい予定調和だから、
心配することがないのですよ。
個々の出来不出来よりも、その瞬間どれだけ刺激を与えてくれたか、
心を動かせてくれたか、が大事になってます。

というわけで、絶対的な3本がこれ。
「007 スカイフォール」
とてつもなく美しい映画で、新しい時代に対応しつつ、シリーズフォロワーを満足させる伝統芸の再構築がすばらしかった。
「ドライヴ」
脳内のいろいろな犯罪映画の記憶を呼び戻した上、とてつもない暴力で上書きをした。
「僕達急行−A列車で行こう−」
森田芳光の思い出が溢れ出て、涙が止まらない。

順不同で4−10位。ウディ・アレン以外はすべて何らかの「裏切り」と「刺激」を堪能した。
「Ted」
ボンクラぶりがたまらない。「フラッシュ・ゴードン」愛に泣きます。
「裏切りのサーカス」
空気感が最高。プロの映画を観た。
「愛と誠」
これぞ最高の裏切りと刺激。サントラも買ったよ。不入り上等。俺だけの映画にしたいです。
「ザ・マペッツ」
積年の愛があふれてしまった。随所で号泣。
「ミッドナイト・イン・パリ」
悔しいくらいにすばらしい。
「桐島、部活やめるってよ」
逃げないのがすばらしい。
「LOOPER/ルーパー」
アイディアだけで終わらなかったのがすばらしい。

あと忘れたくない10本
「宇宙人ポール」
大笑いしつつも、切ないのがたまらない。
「ドラゴン・タトゥーの女」
これもプロの映画。がっかりモザイクのおかげでパッケを買ってしまった。
「ファミリー・ツリー」
この監督の作品は、めちゃめちゃ面白いのに、もう一度観る気になれない。だから劇場がマスト。
「ヤング≒アダルト」
痛ければ痛いほど、爆笑なのです。
「アベンジャーズ」
この商売にずっと踊らされそうです。
「ひみつのアッコちゃん」
稚拙な部分もたくさんあるけれど、いくつかの台詞に心が動いてしまった。
「おおかみこどもの雨と雪」
ある意味問題作。でも大ヒットしたのがさらに問題。
「エクスペンダブルズ2」
アメコミヒーローものよりときめく。
「黄金を抱いて翔べ」
こういう映画をもっともっと観たいのです。
「恋のロンドン狂騒曲」
こちらも好き。いつまで撮ってくれるのかしら。

パッケージ、BS、配信、機内映画などで。
公開年度とか、けっこう適当です。
「奇人たちの晩餐会 USA」
「アドベンチャーランドへようこそ」
「忍たま乱太郎」
「ラスト・ターゲット」
「復讐捜査線」
「フットルース 夢に向かって」
「Chronicle」
「ホール・パス/帰ってきた夢の独身生活<1週間限定>」
「オーケストラ!」
「アジョシ」
「哀しき獣」
「Warrior」
「Pitch Perfect」
「マージン・コール」
「鍵泥棒のメソッド」
「ゴーン・ベイビー・ゴーン」
「AS ONE」
「サニー」
韓国映画に相変わらずすごい作品が多いですね。
Chronicleのやりきったアイディアには感服。
Warrior、AS ONEなどのスポ根にも泣かされたよ。

« 「もうひとりのシェイクスピア」 | Main | 「くまのプーさん」 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「もうひとりのシェイクスピア」 | Main | 「くまのプーさん」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ