« 「きみに読む物語」 | Main | 「テナント/恐怖を借りた男」 »

November 27, 2016

「さらばベルリンの灯」

もう絶対観る機会がないとあきらめていると、ヒョコっとDVDが出たりするのです。あぁ、まだ死ねない。

60年代の英国スパイ映画は、アクション中心の007の真逆に、この手のエスピオナージュがあり、組織と現場、追いつめる駆け引きが実に楽しい。
本作は、ベルリンに潜むナチ残党の情報を英国諜報部員が探る話。

若きジョージ・シーガルが、軽快に組織の秘密に迫るが…そうは問屋がおろさないわけで。
アレック・ギネス、マックス・フォン・シドーというベテランの“旨味”が全開でおいしいのなんの。
そして幕切れのミステリー。こういうのがあるから映画は楽しい。

« 「きみに読む物語」 | Main | 「テナント/恐怖を借りた男」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「きみに読む物語」 | Main | 「テナント/恐怖を借りた男」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ