« 「テナント/恐怖を借りた男」 | Main | 「フルタイム・キラー」 »

November 27, 2016

「SKIPTRACE」

機内映画で。
ジャッキー・チェン主演、監督がレニー・ハーリン。ジョニー・ノックスビルとバディを組むアクションコメディで、チャイナ資本ながら見た目は「ラッシュアワー」みたいな疑似ハリウッド映画のようだ。中国では大ヒット。
真面目なジャッキーとふざけたノックスビルの凸凹、飛んだり跳ねたりのフィジカルアクション、わかりやすいストーリー、そしておなじみエンドロールのブルーパー。ジャッキーに求められるのは、永遠にこのパターンなのだな。
このリクエストに必死で応える姿勢には心を揺さぶられる。60を超えたスターが、自分であそこまで動いてるんだよ。泣かずにおれるか。
やらなくたっていい。無理しなくたっていい。もうお金だって名誉だってあるんだし。でもやるんだよ。それがすごい。オファーの内容はわかりませんけど。

ジャッキー以上に痛々しいのがレニー・ハーリン。この人、90年代のスター監督なんだけど、21世紀になってからキャリアが右下がり。今回も華がなくて、ジャッキーをサポートできてないですね。それでもコンスタントに仕事があるのはすげーなー、と思うが(現在は北京在住、とも)。
ロシアからモンゴル通って中国にほぼ“歩いて”移動するとんちんかん。プロセスの超適当なご都合にのけぞります。
まったく関係ないところで飛び出す「Rolling In The Deep」が壮絶。思わず巻き戻して二度見しましたよ。
けなしてるわけじゃないです。だって最後まで観ちゃったし。
Skiptrace1


« 「テナント/恐怖を借りた男」 | Main | 「フルタイム・キラー」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「テナント/恐怖を借りた男」 | Main | 「フルタイム・キラー」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ