« 「X-MEN:アポカリプス」 | Main | 「リトルプリンス 星の王子さまと私」 »

November 27, 2016

「ジャングル・ブック」

ちょっと腰がぬけるほどのクオリティで迫るCGアドベンチャー。少年の成長や人間の害悪などの直球で健全な要素を盛り込んだ最近のディズニー的エデュケーションも、全然気にはなりませんが……ちょっと動物たちがリアルすぎて、ファンタジーの域を超えちゃってると思います。
この映画を観た子どもたちが「本物なの?」と親に尋ねるとしよう。親は「あれはデジタルの作り物で、本当はしゃべらないし、そもそもどこにもあんな国はない」とこたえるのか。食物連鎖や弱肉強食はどう説明すればいいのか。サルの軍団はなぜしゃべらないのか? そしてモーグリくんがクライマックスにやっちゃった大失敗からの大惨事はお咎めなしですか?…とかいろいろ気になってしまいますね。
そして、極めつけは、「この映画はフィクションである」という説明をどこかでしなくちゃならない責任を感じたのか、それをエンドロール(表現方法は素晴らしい)で解決する頭の良さがなー、ちょっと鼻につくぞ。
すみません、気にしすぎでしたか。
Jungle


« 「X-MEN:アポカリプス」 | Main | 「リトルプリンス 星の王子さまと私」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「X-MEN:アポカリプス」 | Main | 「リトルプリンス 星の王子さまと私」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ