« November 2016 | Main | May 2017 »

December 2016

December 04, 2016

「灼熱の魂」

やっと名前を言えるようになってきた(!)、ドゥニ・ヴィルヌーヴの未見作。

見逃していたことを後悔してます。劇場で観ていたら、きっとぶるぶる震えて、息を飲んでいたであろう。
なんたる恐ろしいドラマ。濃厚で深く、徹底的に面白い。
戯曲がベースになっているということですが、この映像化は素晴らしいものになっている。

レバノン内戦と思しき歴史背景は明快に描かれないが、運命を翻弄される女性が生き抜く姿に胸が熱くなる。絶対にネタバレなので書かないですが、物語にちりばめられたミステリアスな描写が見事。

この監督、本当に上手いですね。
静かな芝居の中に、葛藤が渦巻く。

はぁ、すごかった。
Incendies2


December 03, 2016

「母と惑星について、および自転する女たちの記録」

PARCO劇場再開発でたたんじゃう最後の公演。
つかこうへいから三谷やらで、若い頃から何度も足を運びました。

「母と惑星について、および自転する女たちの記録」というタイトル。
蓬莱竜太の台本を栗山民也が演出。
こんなこというと怒られそうだけど「海街diary」ダークサイド版といった趣きでした。
PARCO劇場、たまたま最後の2回が志田未来(前回は「オレアナ」)。
追っかけしてるみたいですが、たまたまですよ、たまたま。
Haha_fly_omote


「ファインディング・ドリー」

前つけ短編の「PIPER」が良すぎて、これで帰ってもいいか、くらいだったんですが、肝心のドリーも世界的ヒットが納得の猛烈なクオリティでしたね。
「ズートピア」同様、うかつに書けない深さがあり、娯楽映画でこんなところに踏み込むプロダクトってすげーな、とため息をついてしまいました。ハンディキャップの描き方、共に生きていく社会。道徳や倫理を教育、というだけでなく、家族みんなで考えよう、という話だ。
ツボはタコとラッコ。特にタコは「こいつがいればなんでもできちゃう」扱いなんですけど。

「パージ」「パージ:アナーキー」

「パージ」。
こういうゲームみたいな映画って、SFジュブナイルからホラーサスペンスまで、まぁ世界中にゴロゴロ転がってますが、本作は低予算ながらあっさりヒットいたしまして、続編も作られてます。
1年に1晩だけ、どんな犯罪をしてもいいんだよって法改正をしたら、犯罪率と失業率が一気に減りました、という設定。んなアホな。
で、主人公一家がなんだかんだで、この粛正状況に巻き込まれてのサバイバル、となるわけです。とはいえ、この1アイディアで乗り切るのは、ちょっと話が薄すぎるので、そのぶん、極端なバイオレンスで進めるんだ。これが途中で飽きちゃって、イライラするのだね。ハラハラドキドキ、ではなくイライラ。
あ、観終わった人と「キミなら誰をパージする?」と語りあう楽しみ方がありますね。
きっと僕は早めに殺されると思います。あいつとか、あいつから。
「パージ:アナーキー」
スケールアップして、外に出てみました。殺しに行く者とターゲットにされて逃げ回る者が、道連れになる…のは予想の範囲なので、「あー、なるほどねー」ではあります。
でも、やはり途中で飽きましたね。
黒幕とかも出てきて、「バトルランナー」のようになる…のか?
PurgePurge2


「怪盗グルーの月泥棒3D」「怪盗グルーのミニオン危機一発」「ミニオンズ」

実は1本も観てませんでした、これまで。

「月泥棒」
人種や家族の在り方をコミカルに描く。流行だった3D演出が派手。
「危機一発」
こちらは前回以上に「いろいろな国から来た人がアメリカにはいる」というお話。
キャラデザインが日本人好みではないので、当初ヒロインがまったく馴染めなかったのだが、最後には可愛くみえるストーリーの強さ。
今気がついたんだけど、タイトルが危機“一発”なんだ。
「ミニオンズ」
これなら正直、いくらでも作れますね。
当たった者勝ち。
サンドラブロックがでしゃばりすぎ。

「ブラック・スキャンダル」

見逃してたのをようやく。
ジョニー・デップで実録ギャングと言えば「フェイク」が懐かしいが、あの若造がいまや本物のボスになるか、という経年を感じる。
最近ハンサムではない仕事ばかりのデップだけれど、今回も狙うは「凶悪な怪人」で、怖さも含めてすごい存在感であったね。ステーキのレシピのくだりは良かった。

それにしても、この杜撰な仕事ぶりでバレないと思ってたのか、FBI。
Black


「マイ・ビッグ・ファット・ウェディング」「My Big Fat Greek Wedding 2」

続編と併せて機内映画で。
公開時、まったく食指が動かず敬遠していた映画。
家族はウザいがとてつもなく暖かい。核家族時代をせせら嗤う、ギリシャ人の奥深さですな。
まぁ、ひたすら笑いました。

続編は何かすごいって、14年経っても同じキャストで、あの家族が元気だ、というところ。続けてみると、なんだか嬉しくなりますよ。
まぁ、それだけなんですけれど。
お父さん(おじいちゃん)に泣かされる。観てるこっちがそういう世代だからね。

Bigfat


「僕だけがいない街」

マンガ、アニメとみんなが大好きな題材らしい。
「バタフライ・エフェクト」を目指したのか、やりたいことはよくわかるのだけれど、正直この“やり直し”効果がとてもいい話になっているのか、この映画ではいまひとつつかめなかったのね。
印象が薄く、すぐ忘れてしまいそう。

「ミュージアム」

この監督、いつのまにかマンガ映画ばっかりになってますね。

製作のWOWOWは猟奇やグロにこだわりがあるようで、「CSI」全部やるし、「クリミナルマインド」もずっとやってるし、自社ドラマも地上波ではやらない描写や展開が多いね。
そのWOWOW25周年記念の劇場用映画は、驚くべきことにレイティングがG。つまり年齢に関係なく、家族そろって「均等の愛の刑」を観ることができるわけだ。なんたる悪趣味。なんたる底意地の悪さ。
でも、ここでGを勝ち取る挑戦があるって素晴らしいね。画面に見えるものより、観客に連想させるものが、とてつもなく凶悪なんだよね。黒沢清の「クリーピー」もあの内容でGでしたが、映倫のガイドラインが心配です。まぁどうでもいいですが。

とはいえ、映画としてはちょっとバランスを欠いているか。「セブン」を目標にしたら、韓国スリラー(たとえば「チェイサー」)みたいな雰囲気になってしまった、みたいな印象。
とりわけ主演俳優の“苦悩の一人芝居”とカエル男の“大根サイコ”には失笑を禁じ得ない。
この辺をうまく省略して、2時間を切れば、もっとよくなったと思いますが。
161104museumkeishiotomointerview0720161112131846


« November 2016 | Main | May 2017 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ