« 「母と惑星について、および自転する女たちの記録」 | Main | 「ポリーmy love」 »

December 04, 2016

「灼熱の魂」

やっと名前を言えるようになってきた(!)、ドゥニ・ヴィルヌーヴの未見作。

見逃していたことを後悔してます。劇場で観ていたら、きっとぶるぶる震えて、息を飲んでいたであろう。
なんたる恐ろしいドラマ。濃厚で深く、徹底的に面白い。
戯曲がベースになっているということですが、この映像化は素晴らしいものになっている。

レバノン内戦と思しき歴史背景は明快に描かれないが、運命を翻弄される女性が生き抜く姿に胸が熱くなる。絶対にネタバレなので書かないですが、物語にちりばめられたミステリアスな描写が見事。

この監督、本当に上手いですね。
静かな芝居の中に、葛藤が渦巻く。

はぁ、すごかった。
Incendies2


« 「母と惑星について、および自転する女たちの記録」 | Main | 「ポリーmy love」 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「母と惑星について、および自転する女たちの記録」 | Main | 「ポリーmy love」 »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ