« 「クリードⅡ」=「奎迪:英雄再起」 ライアン・クーグラーは関係ないんじゃん。 | Main

January 10, 2019

「バンブルビー」=「大黄蜂」は80年代ポップカルチャーごっこ。

トランスフォーマー新作「バンブルビー」をIMAX3D、英語音声中文字幕で。
製作にスピルバーグやマイケル・ベイが入って、しっかりお金を持っていってる。

異形の訪問者が、悩める17歳JK(ヘイリー・スタインフェルド)と冒険して成長するお子様子供向けだ。シンプルで勧善懲悪、悩まずにハッピーにはなれる娯楽映画は、今どき貴重な存在かもしれない(悪者側の正論とかないし)。ちょっと偏屈な少女が冒険を経て大人になる…そういうお話は好きです、もちろん。
ロボの擬人化だと「ショート・サーキット」「アイアン・ジャイアント」が近いか。藤子不二雄の世界観もあるので、日本人はなじみやすいはず。テレビを見て知識吸収する設定とかはマンネリだがね。
予想通りにしか展開しない安心設計なので、ひたすら極上のCGワークを楽しむがよかろう。

おじさんのツボとしては、時代設定が1987年なので、流れる音楽がボンジョビやスティーブ・ウィンウッド、モリッシーやリック・アストレーってとこだ。楽曲がこれでもかとベッタベタのダッサダサで流れるのには、イントロだけで毎回吹き出しました。カセットテープネタはちょっと楽しかった。
また、映画などのポップカルチャーも満載…「ブレックファストクラブ」「物体X」アタリのPONGとかを使用してる。でもこれって、中国では全く通用しませんよ。知らないから。
テンセントも入っているから宣伝がすごいんだけど、実際に観に行ったら“よくわからない”んじゃなかろか。並べりゃいいってもんじゃないんで、少々作り手の自慰が強めだ。

もう一点大事なポイント。監督がストップアニメ「クボ」のトラヴィス・ナイト(ナイキ創業者の息子って出自がフォーカスされすぎw)だってことだ。CGアニメの実写合成なので、ライカの映画と比較してどうこうってことはないんですが、縦横無尽なバトルの絵作りは豪華だった、と思う。

あ、薄めのツボとしては、ビリングで主役ヘイリーちゃんの次はジョン・シナです。最近よく出てますな。

肝心のヘイリーちゃんは、堂々の主役でふるまっていますが、こういう映画ばっかり選んでると、シアーシャに差をつけられちゃうぞ。


49564113_1987350344635417_834704334


« 「クリードⅡ」=「奎迪:英雄再起」 ライアン・クーグラーは関係ないんじゃん。 | Main

「映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「クリードⅡ」=「奎迪:英雄再起」 ライアン・クーグラーは関係ないんじゃん。 | Main

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ