« 「终结者:黑暗命运」=「Terminator: Dark Fate」=「ターミネーター ニュー・フェイト」は同じ話をひたすら繰り返す無限世界。 | Main | 「利刃出鞘」=「Knives Out」=「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」の豪華キャストったら! »

November 11, 2019

「决战中途岛」=「Midway」を中国の劇場で観る日本人。



RealD社のLUXEフォーマットで。2D英語音声中文字幕。

「决战中途岛」ことMidwayである。118日公開の中米合作で、監督がなんとローランド・エメリッヒだ。その昔、チャールトン・ヘストン主演、センサラウンド方式の1976年同名映画はよく覚えてますw

まさかこんな時期にこの史実で大作をやるとはびっくりですわ。

まず、特筆すべきはハリウッドメジャースタジオが参加していないということ。頭のロールではわかるのは基本的にはチャイナマネーだってことである。

開巻早々真珠湾攻撃からドゥーリトル日本本土空襲、そしてミッドウェイ海戦と話が進むのだが途中で普段あまり気にしていない自分の出自を考えさせられてしまった。

中国の映画館で、たった一人、日本人が悪者(敵)と扱われる映画を観ているアウェイ感だ。こりゃさすがに怖かったですよ。マイケル・ベイ「パールハーバー」ほどではないが、ドキッとするような描写が時々あったしね。「陛下、防空壕へ!」とか、中国大陸に於ける日本軍の所業とか。「おれ、関係ないんです」と弁解したくなるような、居心地の悪い状況におかれました。ナチスやロシアンマフィアとか南米麻薬カルテルとかその国の人だっていうだけで、劇中の敵にされる立場って、自分がなってみて初めてわかりました。

うかつにこういうことは扱ってはいけないのだ、とあらためて思ったりも。

また、中米合作でこういう表現をするってのは、日本という国への配慮はあまり考えられてなく、すなわち興行マーケットとしても無視されてるってことです。公開も決まってないみたいだし。令和天皇即位のタイミングで新作戦争映画「Midway」はないだろなぁ(※)。

大味な大作・エメリッヒ映画としての見せ場はさすがに気合が入っており、特に繰り返される軍艦対戦闘機は手に汗握る。米軍所有兵器が必ずしも最強ではなく、装備はけっこうポンコツ、というあたりも面白かった。

ただ、画面の色味なのか、デジタル合成が強くて空母上の撮影とかすっげー嘘っぽい。

このままで日本公開できるのかな?

とか、こんな風な目線で映画を見てしまうのは悲しいよね。スピルバーグの「1941」をヘラヘラみていた日々が懐かしい。

※北米は「ドクター・スリープ」を負かして1位だってさ。

P2572619152P2573731403

« 「终结者:黑暗命运」=「Terminator: Dark Fate」=「ターミネーター ニュー・フェイト」は同じ話をひたすら繰り返す無限世界。 | Main | 「利刃出鞘」=「Knives Out」=「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」の豪華キャストったら! »

映画・テレビ」カテゴリの記事

Comments

Post a comment

(Not displayed with comment.)

« 「终结者:黑暗命运」=「Terminator: Dark Fate」=「ターミネーター ニュー・フェイト」は同じ話をひたすら繰り返す無限世界。 | Main | 「利刃出鞘」=「Knives Out」=「ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密」の豪華キャストったら! »

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ