映画・テレビ

November 11, 2019

「决战中途岛」=「Midway」を中国の劇場で観る日本人。



RealD社のLUXEフォーマットで。2D英語音声中文字幕。

「决战中途岛」ことMidwayである。118日公開の中米合作で、監督がなんとローランド・エメリッヒだ。その昔、チャールトン・ヘストン主演、センサラウンド方式の1976年同名映画はよく覚えてますw

まさかこんな時期にこの史実で大作をやるとはびっくりですわ。

まず、特筆すべきはハリウッドメジャースタジオが参加していないということ。頭のロールではわかるのは基本的にはチャイナマネーだってことである。

開巻早々真珠湾攻撃からドゥーリトル日本本土空襲、そしてミッドウェイ海戦と話が進むのだが途中で普段あまり気にしていない自分の出自を考えさせられてしまった。

中国の映画館で、たった一人、日本人が悪者(敵)と扱われる映画を観ているアウェイ感だ。こりゃさすがに怖かったですよ。マイケル・ベイ「パールハーバー」ほどではないが、ドキッとするような描写が時々あったしね。「陛下、防空壕へ!」とか、中国大陸に於ける日本軍の所業とか。「おれ、関係ないんです」と弁解したくなるような、居心地の悪い状況におかれました。ナチスやロシアンマフィアとか南米麻薬カルテルとかその国の人だっていうだけで、劇中の敵にされる立場って、自分がなってみて初めてわかりました。

うかつにこういうことは扱ってはいけないのだ、とあらためて思ったりも。

また、中米合作でこういう表現をするってのは、日本という国への配慮はあまり考えられてなく、すなわち興行マーケットとしても無視されてるってことです。公開も決まってないみたいだし。令和天皇即位のタイミングで新作戦争映画「Midway」はないだろなぁ(※)。

大味な大作・エメリッヒ映画としての見せ場はさすがに気合が入っており、特に繰り返される軍艦対戦闘機は手に汗握る。米軍所有兵器が必ずしも最強ではなく、装備はけっこうポンコツ、というあたりも面白かった。

ただ、画面の色味なのか、デジタル合成が強くて空母上の撮影とかすっげー嘘っぽい。

このままで日本公開できるのかな?

とか、こんな風な目線で映画を見てしまうのは悲しいよね。スピルバーグの「1941」をヘラヘラみていた日々が懐かしい。

※北米は「ドクター・スリープ」を負かして1位だってさ。

P2572619152P2573731403

November 01, 2019

「终结者:黑暗命运」=「Terminator: Dark Fate」=「ターミネーター ニュー・フェイト」は同じ話をひたすら繰り返す無限世界。

中米同時公開で、11月1日日付が変わった深夜0時に上映開始ってことは、時差もあるし世界最速じゃーん…なんてね。
そんなに気になりますかの「终结者:黑暗命运」。Dark Fateがなぜニュー・フェイトと付けられるのかよくわからないまま、娄山关路の劇場に駆けつけるも、なんと時間になっても映画が始まらなくて、機材の再起動をかけてる。日本だとこんな場合、係員が平身低頭謝るもんだが、ここ中国での対応はちょっと違う。「ごめーん、不具合だからちょっと待ってて」の説明。それでも起動失敗すると、今度はお詫びとして観客全員にペットボトルの水を配る。それも淀みなくちゃっちゃっと。で、再起動3回目で解決しないと、「階を移して別のスクリーンでやるからそのまま移動して」とご案内。深夜で他が空いていたからなんだろうけど、苦笑いしながらも全員移動し、着席したところですぐに本編始まりました。遅れることわずか10分。現場での即時判断があるんだな。羨ましい。
そういえば昔TOHOシネマで「アビエイター」を観た時、フィルムに傷がついてて、数分間画面の半分がジャギジャギで見えないことがあ...った。お客さん誰も文句言わないので、僕が外に出て係員(もちろんバイトさん)に「全然ダメだよ」と声をかけたら、終映後に出口で次回使える招待券くれた。文句なし。他社チェーンの機材トラブルで上映できなかったときは、返金処理だったんだけど、僕のチケットはクレジットカードで買ってたので、その場ではなく、引き落としキャンセル扱いだったw。金返したから…じゃないんだけどね。

んで、始まりました「ターミネーター2」の28年ぶり“正当な続編”…がウリな「ニュー・フェイト」。テレビシリーズ「サラ・コナー・クロニクル」も「2」の後日譚だったはずなのに、その辺はもうどうでもよいのよね。
ヒットシリーズとして続編を重ねるSF大作だと、おなじみ「ターミネーター」と「エイリアン」が双璧だ。どちらも愛すべき底抜け脱線な存在感ですな。
「エイリアン」は怪物との鬼ごっこだったのが、いつしか生命の起源まで遡るトンデモ展開になった。一方の「ターミネーター」は、人類とAIの戦いをタイムパラドクスのパラレル展開で何度も何度もリセットする、基本的には同じ話の繰り返し。だから、ニュー・フェイトも「今回はこのパターンかよ」のパロディ仕立てにも見える。

スカイダンスに続きテンセントピクチャーズのロゴが出てくるので、「あ、そういうことか」と。バジェット1.85億ドルってw。そうでもなきゃ、キャメロンにティム・ミラー、リンダ・ハミルトンにシュワルツェネッガーまで引っ張り出せないよなあ。
キャメロン65歳、リンダ63歳、シュワ72歳。立派なシニアコンテンツですね。我々くらいのおっさんを劇場に向かわせるにはこのくらい揃えないといかん、ということか。
若い人たちの琴線に触れるのかはまだわかりませんが、凄まじい物量のアクションとVFXは圧倒だ。
新顔のマッケンジー・デイヴィスは未来から来た強化人間。エミリー・ブランドを縦に1.2倍引き伸ばしたような顔立ちだが、この人「タリー」だったんだね。わかりませんでした。もう一人ナタリア・レジェンズちゃんはメキシコ系か。こいつらにばあちゃんを加えてのアマゾネス軍団が、新たなREV-9なる最強ターミネーターと激闘する。T800は脇でお手伝いです。

とにもかくにもネタバレ禁止ぽい冒頭のアレがあまりにショッキングなので、あとはどうでもよくなっちゃう。ジム、あんたはこれがやりたかっただけなのか?w

デジタルによるアンチエイジングとか、ゾンビの如く死者を蘇らせるんだから、今や映画はなんでもできるってもんだ。あとはモラルとお金だけですね。やりすぎはいけないと思うけど。

メキシコ国境を舞台に世相を反映するよなとこもあったが、そんなに深くはないです。

あと、一瞬ですが、カットされたと思しき編集があります。REV-9の登場シーンで全裸周りが削除です。これは中国ならではの考え。

P2571762536

October 25, 2019

「好莱坞往事」と「双子杀手」について(メモ)

「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」の中国公開は10月25日とアナウンスされてたけど、どうも延びちゃったみたいです。

「ジェミニマン」をドルビーシネマ、3D、120フレをわざわざ観に行ったけれど…肉眼ではLUXE、3D、60フレとなんら違いは感じられませんでした、という話。たぶん、肉眼で感じるのには限界があるんでしょう。

October 22, 2019

「双子杀手」=「Gemini Man」=「ジェミニマン」の上映システムこそ大事件なのではないか。

今年最大の問題作(おそらく)、ブラッカイマー製作、アン・リー監督の「ジェミニマン」だ。タイトルは双子マン、か。それだけで十分期待を削いでくれますw。

ブラッカイマーとウィル・スミスの組み合わせ。アン・リーは「ライフ・オブ・パイ」からの流れか。中身はへっぽこなSF風アクションなんで普段なら慌てて観に行くようなものじゃなかったんですが、これ、ちょっとありえない映像だったのだ。
これが未来の映画なのだとすると、ちょっと怖いや。

本編は4K/3D/120fpsで撮影された超高解像度で、このフォーマットでかけられる映画館が世界中どこにもないそうな。
IMAX含むハイフレームレートでも60fpsが限界で、現状日本ではさいたまMovixでドルビーシネマ3D+ in HFRとして120fpsの上映があるそうな(いけませんけどw)。
また、TOHOでは3DプラスインHFR(60フレ)という名目の上映があるそうな。

で、私は今回、上海でRealD社のラージフォーマットLUXE方式で観たんですが、「高解像度・ハイスピード」で今まで見たことのない映像体験に面食らったのですな。
もうフィルムとか関係なくって、ビデオでもないというか…ひとつ先の実験映像みたいなのよ。つくば博(1985年)でショースキャンに出会った時のような衝撃。
この画質が劇中のアクションシーンでものすごく効果を発揮するので圧倒されるのだが、きれいすぎて速すぎて、もう映画を観ている感覚ではない。
擬似ワンカットのバイクチェイスなんて、目から入る情報が多すぎて、脳が追い付かない…とでもいえばいいのか。おじさんのボケた頭だからなのかもしれないけど。すべて目の前で起こることの「目撃」なので、想像することさえさせてくれないのですね。
また、ウィル・スミスのCG顔がアップになったとたんに、今度は画質にCGクオリティが追い付かなくて、よくできたゲーム画面みたいになる…という弊害もあります。特に昼間のシーンの出来が最悪。

これがさらに進化すると、俳優がいらなくなる。実写と見まがうフルCGはもう「ライオンキング」で実現しているわけだから、お次は人間も、ということだ。
美空ひばりも勝新太郎もあっさりよみがえってるじゃん。今度の寅さんはCGじゃないそうですが、やろうと思えばなんでもできちゃうわけだ。実験に参加する俳優さんは立派だと思うけど、10年後はもう撮影って仕事さえもなくなるんじゃないか。思い出は思い出でいいんじゃないか。工藤俊作がCGで帰ってきた!とかやられても喜ばないです。
「映画」はこれからどこに行くのだろう…これでいいのかしら…ということを考えさせられる体験でもあります。

当然、劇場で観ることが必須。しかもIMAXレーザーやドルビーシネマなど、ハイスペックフォーマットの劇場を選ぶことが重要。その体験はネタになる。
ただし、物語はへっぽこ。手垢のついたクローンネタを、新たな視点で更新しているわけではないしな…と書いたら、CGクローンの多用で映画産業が変革を求められるのか、と裏読みをしちゃいました。どんなに技術が進歩しても、映画は面白い物語でないと意味がない。

いつの間にかおばちゃんになってたメアリー・エリザベス・ウィンスレットが面白いほどよく動くし、マーベル映画を連想してしまうヴェネディクト・ウォンの存在も楽しい。お懐かしやクライブ・オーウェンはかなり老けちゃいました。
チャイナマネーもたっぷり入って推定1.4億ドルの製作費…大半はヤング・スミスの創造にかかったんだろうなw。

上海では120フレのドルビーシネマ劇場があるので、ちょっと探りにいってみまさ。

P2570906505P2567651067

September 29, 2019

「中国机长」=「The Captain」は建国70周年向け愛国映画。

「中国机长」(The Captain)は国慶節映画。公開9月30日なんだけど、前週土曜に先行上映されたので、見に行ってきた。
監督は、劉偉強(アンドリュー・ラウ)、主演が張涵予(チャン・ハンユー)。昨年5月14日に発生した四川航空3U8633便緊急着陸を描く実話だ。
重慶市発チベット自治区ラサ市行き便の操縦席右前方ガラスがいきなり割れて、気圧がいきなり下がるわ、クルーは窓から身体半分弾き出るわ、酸素ない状態で機長は操縦桿を握りしめて死にかけるわ。客席はもちろん大パニックで、暴れる乗客をCAさんが血だらけになって静止する。
その事故から無事解決までをテンポよく描き、みんな酸素マスクしてるからセリフも少ないから見てるだけでお話はわかるのはよかったw。

...

人民の生命を守った英雄行為を礼賛し感謝する清らかな精神には拍手するほかないのだが、エピローグが長すぎるのはしんどいや。

思い出すのは「エアポート’75」と「ハドソン川の奇跡」。特に後者の影響は強いかと。ただし、サリーの審議会みたいなスリリングなドラマはありませんが。

P2568258113

September 22, 2019

「好莱坞往事」=「Once Upon a Time in … Hollywood」=「ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド」

10月25日中国公開するって。びっくりしたー。会社の若手にテレビ西部劇やマンソン・ファミリーの話をしても“まったく”通じなかったから、はたしてどうなることやら。

あと、バイオレントなシーンもカットせずに流すのか、とか。とりあえず観に行ってきますけどw。

こっちでのデータ上は尺が「165分」となってる。本編161分のはずなので、もうそれだけで居ても立っても居られないw

P2569496947

September 08, 2019

「冷血追击」=「Cold Pursuit」=「スノーロワイヤル」のオフビートは中国に響くか?

日本では公開済み。「COLD PURSUIT(冷たい追跡)」が「スノーロワイヤル」になる意味がわからん…と思ってたら、あぁなるほどそこに引っ掛けたのか…と担当者の苦労がうかばれて、少し笑いました。

14年のノルウェー映画「ファイティング・ダディ 怒りの除雪車」を監督ハンス・ぺテル・モランド自らハリウッドリメイクしたとのこと。同じケースだと、ジョルジュ・シュルイツアーが自作「ザ・バニシング~消失~」を「失踪」としてアメリカ映画(事件解決しちゃって怖くなかった)にしちゃったのと思い出す。
舞台はロッキー山脈のふもと、コロラドの雪深い田舎町で、息子を殺された父親が、敵討ちに走る。その連続復讐殺人の中で、仇のギャングの報復、その過程で巻き込まれたネイティブアメリカンたちのさらなる追撃。タランティーノ風悪党アンサンブルが、笑いとバイオレンスで展開する。


リーアムの常勝アクションからすると、オフビートにもほどがあるなぁ。キレた父親の行動は、ナンセンスというかブラックユーモアになっていく。

外し方のリズムは「スモーキングエース」にも似ているか。
ただし、長すぎ。

 

アクション洋画、としては「ワイルドスピード」や「ミッション・インポッシブル」のようなハリウッド作品は中国でも受けます。もちろん、いちばん需要があるのはマーベルみたいな派手で陽気な超大作ですが。その裏では、スタローンの怪しい中国資本映画や、中国国産アクションの監督をレニー・ハーリンに発注したり、僕も知らない欧米の犯罪映画が公開されたりしてるわけです。そんな中、リーアム父さんの大暴れアクションは見立てとしてはブランド品なので、ラインナップに乗ったんでしょうね。ただ、陽気とは程遠い舞台設定と物語なので、若者にもあまり受けなかったみたい。

劇場にはファミリーで見に来た一行がいて、下の子供が5歳くらいだった。内容的に大丈夫だったかしら、と心配。

 

70772802_2378491578854623_51206011300316

August 27, 2019

「使徒行者2」=「Line Walker 2」は、続き物ではありません。

「哪吒之魔童降世」は1か月で45億元を超える勢い。720億円て。国産アニメでこの勝利を得た、ということは「国内制作の自信」→「どんどん作れ」=「海外輸入しなくてもいい」となる。少なくとも子供向けは、わざわざ文化の異なるものを修正とかしなくてよくなる。ディズニーや日本アニメは危機感をもたないとまずいな。

洋画では「ワイルドスピード」番外編がメガヒット。すでに10億元間近である。まぁこれは脳みそ空っぽの大作アクションなのでいいでしょう。

で、この期間は輸入映画が制限されているので、足を運んだのはアクション「使徒行者2」。

香港。中国合作「ダブル・サスペクト 疑惑の潜入捜査官」の続編だ。とはいえ、スタッフ、キャストが共通しているだけで、おそらく関連性はない(と思う)。児童誘拐犯罪組織に潜入捜査、友情と裏切りのパターンなれど、アクションシークエンスが信じられないくらい底抜け。いや、これ、褒めてます。人のやらないことをやろうとしたら、とんでもない場所に行ってしてしまった感じだ。わかりにくいかもしれないが、80年代のジョン・ウーが、まったく成長しないで今でも同じような香港アクション映画を作っていたら…としておきます。「なんで牛追い祭りやねん!」というクライマックスの、とんでもない決着(文字にしたら信じてもらえない)など、爆笑ポイントであった。登場人物は大まじめで、しかもけっこう残酷なお話だったりするので、笑うと怒られそうですが。
監督ジャズ・ブーンは、この2本以外では「しまじろう」アニメをやってました。ルイス・クー、ニック・チョン、フランシス・ンと、おなじみの顔ぶれ。

暗い世相ではありますけれど、ハチャメチャな香港テイストには、少しだけ救われた。

あとは、ルービック・キューブの使い方w。

P2563751491

August 05, 2019

「哪吒之魔童降世」=「Ne Zha」中国国産アニメの破壊力

公開12日で400億円突破しちゃった夏休み超大作。

爆裂大ヒットの国産アニメ「哪吒之魔童降世」は、三十年以上前のアニメ映画「哪吒鬧海」のリメイク。「西遊記」「封神演義」などにも出てくる哪吒(ナージャー)の設定を、運命の取り違えで魔人となってしまった主人公の苦悩と成長として描くファンタジーアクションだ。
ライバルとなる龍族のイケメンや、彼らをとりまく協力者や悪者などが入り乱れ、正義と悪、親と子、少年の成長など普遍的な内容になっている。
運命に従わず自分自身で世界を切り開く主人公の姿勢に、親御さんたちは大泣きだそうだ。その一方、子供たちはというと、劇中の狂言回しキャラによる「おならぷー」で大爆笑である。いやいや、あまりにベタなんで、僕も油断しており、吹き出してしまったよ、「おならぷー」。

とにもかくにも人海戦術なんでしょう、ハイクオリティなCGがとてつもないボリュームで溢れているので、言語がわからなくても楽しめます。

…と、観ていてふと感じたのだが…全体の構成というか、仕上がりのターゲットはジャンプマンガなんだよね。ディズニー等の欧米ではなく、友情努力勝利なジャンプテイストのバトル見せ場だ。これに親子愛が加わるのが一枚上手。逆に“女の子キャラ”を排した(見事なくらいの皆無)ことで全体がぶれなくなってる。この決断もすごい。
終盤哪吒は覚醒ギアアップしてバーニング青年仕様に変化するのだが、このビジュアルは何かに似てるんじゃないかとか心配したり。だって、上半身裸に赤いボロ布チョッキ、体傷だらけで火を噴いてる…ルフィじゃん。

いろんな意味で見るべき作品。
中国ターゲットのクリエイターさんは、「これが受けてる」ことにはご興味持っていただきたいです。

P2561876698 

July 13, 2019

「狮子王」=「ライオン・キング」のまんま“リメイク”。

中国では世界最速の7月12日公開。なので、7月11日深夜、0時の回を観る。3D ATMOS 英語音声中文字幕。加えて意外なビスタサイズ。

さすがに本国より早いのを警戒したのか、上映中にスマホを開くと係員が飛んできたり、後方からレーザー光線を当てたりする。録画してネットにあげられたんじゃたまらん、ということらしい。映画の最中にスマホ開けるなんてのは、こちらではいつものことなんで慣れましたけど。

で、そもそも。実写版、という呼称は座りが悪く、「CGアニメーションによるリメイク」が正しい。

そう、リメイクです。まったく同じもの。なので、どんよりした前半も、唐突なクライマックスも、劇中ミュージカルシークエンスも、94年のアニメーション映画と印象は変わらない。リアルなぶん、シェイクスピア劇調の重さが増したくらいだ。

ただ、一点だけ、今回のお気に入りがあった。ネタバレじゃないです。

ティモンとプンバァが【完璧】なのだ。

声はビリー・アイクナーとセス・ローゲン。いやもう、こいつら見てるだけで幸せでした。

「狮子正在熟睡」のくだりなんて…。

モフモフとムシムシ大行進もたっぷり。

もう「ジャングル大帝」は上書き更新されましたね。


3433d22e2d704e00a4e20c7b52c6af79

より以前の記事一覧

サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想
My Photo
無料ブログはココログ